夜勤専従看護師への就職・転職

専従看護師って実際どうなの?

夜勤専従看護師への就職・転職

多くの看護師にとって、夜勤はあまり嬉しいものではありません。とはいえ、人命に携わる医療機関で活躍する看護師という職業にとって夜勤は切っても切り離せない存在だとも言えるのではないでしょうか。

もちろん、クリニックや保育園看護師など、夜勤の存在しないような現場も存在します。 しかし昼夜を問わず患者さんの状態を把握しておかなければならないような職場もたくさんありますよね。

ところが、看護師の中には夜勤の方が好都合、という方も存在しています。もちろん、一口に看護師といっても各々が様々な事情を抱えていますので、好んで夜勤を選ぶ方が居てもおかしくはないのかもしれません。

このように、夜勤のみの出勤を決めて働く看護師を夜勤専従看護師と言います。

多くの方が出来れば避けたいと感じている夜勤ですので、そのぶん高収入が望めます。夜勤専従看護師は、とにかく稼ぎたい!という看護師にとっても好都合なのかもしれませんね。夜勤のみで・・・と聞けば、何となくパートやアルバイトといった雇用形態なのでは?と感じる方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、印象通りにパート勤務として活躍する夜勤専従看護師も存在しますが、正規の職員として働く夜勤専従看護師も存在しますので、一概にパートしかないという訳ではないのです。

パートで働く夜勤専従看護師の日当が30,000円程度だと言われておりますので、どちらの雇用形態であったとしても高収入を得る事ができるのではないでしょうか?しかし、高収入である事だけに着目して夜勤専従看護師の求人を集める事はあまり賛成できません。

看護師に限らず、高収入が期待できるという職場には何らかの理由があるという事を覚えておきましょう 目先の収入ばかりに囚われず、他の情報もきちんと把握し、納得した上での応募を行って下さい。

また、夜勤専従だからという理由だけで即応募に踏み切るのではなく、その他の夜勤専従の求人もチェックしてより無理のない、そして希望条件に近いものを選ぶ様に心がけましょう。