看護師にもヘッドハンティングはある?

どんな看護師がヘッドハンティングされる?

看護師にもヘッドハンティングはある?

ヘッドハンティングといえば、看護師よりも医師に対してされるものだという認識が強い人もいるかもしれません。ですが、医師ほどではないにしても看護師にヘッドハンティングの話が来ることもあるのです。

ただ、看護師が働く職場といえば、誰から見ても活躍していることがわかるものではなく、あまり目立たないものだったりしますよね。そのため、突然外から来た人が働いている姿を見てヘッドハンティング…という流れにはなりにくいです。

確かに看護師という職業はまだまだ人手不足の状態ではありますが、ヘッドハンティングされたいと思っているのであれば、ただ単に看護師資格を持っているというだけではアピールポイントが足りません。

やはり、他の看護師と比較をした際に、飛びぬけた努力をしていたり、才能を持っている人がヘッドハンティングされます。

先に紹介したようにいくら病院内で一生懸命業務をこなしていたとしてもアピールできる場が少ないので、病院内だけでなく、セミナーや研修会にも積極的に参加をして自分をアピールする機会を増やしてみてはどうでしょうか。

もちろん、セミナーや研修会には、上を目指すたくさんの看護師が集まっているわけなので、その中でヘッドハンティングしてもらうとなると更なる努力が必要になってきます。

簡単な話ではありませんが、人の目に留まり、見事ヘッドハンティングされたという場合はかなりの高待遇で迎えてもらえることも期待できますね。今の職場では努力をしても全く認められない、自分の努力を認めてくれる職場で働きたいと思っている人は、ヘッドハンティングを狙ってみるのもおすすめです。

ただ、給料アップやスキルアップを望んでヘッドハンティングに興味があるのならば、ヘッドハンティングされるのを待つよりも転職活動をしたほうが確実だと言えます。転職をしたことにより、自分の能力が生かせる職場で働くことができた、給料が大幅に上がったという例もあるので、偶然のヘッドハンティングを待つより、転職のほうが現実的かもしれません。