派遣の看護師として働く

派遣で働くメリットやデメリットについて理解しておきましょう!

派遣の看護師として働く

できるだけスムーズに働きはじめられるところを探しているということであれば、派遣という働き方も検討してみてはどうでしょうか。前の病院を辞め、次の職場が決まるまでの間、繋ぎとして派遣の仕事をする看護師も多いようです。

派遣という働き方は、実際に働いてみないと分からないことが多いかもしれません。一般的な仕事をする場合、まずは履歴書を送って次に面接をしてから採用が決まるという流れになりますが、派遣の場合は違います。

というのも、派遣という形で働く場合、面接をするのは法律で禁止されているからです。そのため、派遣会社に登録をしたあと、仕事を紹介されたらこちらから断らない限り基本的にそこで働けると思っていいでしょう。

ただ、顔合わせというものは行われているので、そこであまりにもお互いに合わない・求めているレベルに達していないと判断された場合は断られることがあるかもしれません。

しかし、病院側も先に派遣会社から派遣スタッフの資料を受け取っているわけなので、いざ現場に行ってから断られるということはほとんどないはずです。

派遣という仕事は仕事が見つかりやすいというメリットの他、拘束時間がはっきりしているというメリットがあります。仮に残業が発生する場合、サービス残業と言う形ではなくしっかり残業手当が出るというのも嬉しいですね。

病院の正社員として働く場合、施設によってはサービス残業をするのが当たり前という雰囲気になってしまっているところもありますが、派遣という働き方であればそういった心配をする必要もないのです。

ただ、病院が積極的に派遣スタッフを受け入れているのは、正社員を雇うよりも費用を抑えて雇うことができるからです。社会保険や厚生年金についても派遣先の病院側には負担義務がありません。

そういった意味では、働きやすいけれど安定しているとは言えない働き方だということをよく理解しておきましょう。態度が悪かったりすると再契約をしてもらえないこともあるので注意が必要です。