看護師の転職エージェントのデメリット

転職エージェントのデメリットとは?

看護師の転職エージェントのデメリット

転職エージェントは看護師の方が転職する際にもとても役に立ってくれるサービスですが、デメリットがない訳ではありません。

その一つ目がエージェントによってアドバイスの質に差があるという事です。どうしてもアドバイスを行ってくれるのは人なの で、相性が合わないという事も出てきます。

そうした時にはアドバイスも素直に聞く事ができず、人生を左右する転職活動に あまりプラスにならないという場合があります。最近はエージェントを変えてもらう事ができる場合もあります。

次にエージェントから強引な提案をされるケースがあるという事です。転職エージェントは成果報酬型というスタイルで運営 されています。どういう事かというと、転職をしたいという方にとって、多くの転職エージェントサービスは無料で利用する 事ができますが、無料で利用できるのは求人を掲載している企業から報酬を貰っているためです。

人材を紹介すると、紹介した 方の年収の何割かが転職サイトの利益になるという仕組みで運営されています。ここがポイントです。 エージェントの方は、企業に早く人材を紹介すればそれだけ利益に繋がるため、場合によっては紹介を急ぐ事があるのです。

その急ぎが行き過ぎるあまり、強引な提案をされるケースがあるのです。あまりあなたの希望に合わない求人を強くお勧めしたり 早く転職する事を促すような話が出る事もあります。

こうした場合、あなたにとっても良い転職ができませんし、企業にとっても ミスマッチが起こる可能性が高くなります。こうした場合も転職サイトの運営側に相談すると良いでしょう。

また、転職先への採用のハードルが高くなるという場合もあります。企業である病院や医療施設などは転職サイトにも費用を 支払う必要があるため、看護師の方に支払える給与に影響が出てくる場合があります。

最近ではコストカットなどを進めている 病院も多く、こうした病院では複数の応募があった場合に、できるだけ費用負担の少ない看護師の方を採用するという場合も あるのです。応募する看護師の方には関係のない部分ではあるのですが、影響してくる事もあるので、覚えておくと良いでしょう。