介護施設で働く看護師の不満とは

看護師が抱える介護施設への不満とは?

介護施設で働く看護師の不満とは

養護老人ホームや特別老後老人ホーム、介護老人保健施設など様々な施設があり、介護施設によって看護師の役割が変わってきます。 病院から介護施設に転職を考えている方もいるでしょう。

介護施設と言っても種類が沢山ありますが、不満や悩みで共通している点がいくつか存在しています。 今回は介護施設で働いていた看護師が、退職した理由を見ていきましょう。

■看護師が少ないからシフトの融通が利かない。
■看護以外の仕事が多いから、やりがいが感じれない。
■看護師以外のスタッフとの人間関係に悩んでいる。

介護施設と病院の大きな違いは、看護師の数にあります。 介護施設においては、看護師が少数派であり、介護士やケースワーカーが中心となっています。 なので、他のスタッフとの連携して業務にあたる必要があり、これが上手くいかないと大変なことになります。

看護師の数が少ない以上は、自分が中心となって対応することもあるでしょう。 それが大きなプレッシャーとなって退職した人もいます。 また、看護師が少ないと、オンコールが多い、希望日に休めない等の負担につながります。

介護施設と病院の違いは仕事内容にもあり、病院のように処置が中心ではなく、健康管理を主に任されることになります。 どうしても看護よりも介護の仕事が多くなるので、看護師としてのスキルを高められず、病院に転職する人も多いです。

これらを踏まえて分析すると、将来、どんな看護師になりたいのかを考えてから介護施設に転職したほうがいいと言えるでしょう。 キャリアプランを考えた時に、本当に介護施設で働きたいのかを検討してください。

介護施設と病院は環境に大きな違いがあるので、もし介護施設での勤務経験がないのであれば、看護師専門の転職支援会社に相談するといいでしょう。 キャリアアドバイザーから助言をもらい、キャリアプランも踏まえて、転職活動を行うことをおすすめします。

求人だけでなく、実際に介護施設で働いていた看護師の体験談なども閲覧できます。 情報収集にも役立つので、有効に活用してくださいね。